毎日の健康チェック

本当に元気です!元気が良すぎて脱帽です(-_-)

画像の説明



寒い今日この頃、でも空き時間がある時にはドッグランへ遊び行っております。
我が家のボブは、寒かろうが、雨が降ろうが、お構いなしで困ったもんです。

この犬種は、大半が、マメでやんちゃで暴れん坊で、おまけに寂しがり屋の様です。この犬(ボブ)を飼って感じた事ですが(あくまでも私の主観です)が、 この犬1頭で、ミニチュアダックス5~6頭に相当する位の、パワーの持ち主だといっても過言ではないと思います!(^^)!・・・

生後3年を過ぎたくらいにて、ほんの少し落ち着いてきましたが、まだまだ毎日が爆弾と一緒に同居してるみたいですよ。

いつもお世話になってる、ドッグランで最近何頭かの悲しい知らせを聞きました。
その子たちはボブと、元気よく遊んでたのに突然の死で驚きました。
そのうちの飼い主さんは『私が注意を怠らなければ』と残念そうに話されました。犬の寿命は、大型犬で約8~10年位で、小型犬で約13~14年だと聞きます。

今回は初心に戻って、日頃から愛犬の健康チェックをどう行えば良いのかなと!?
当たり前の事ですが、素人なりに考えてみました。

『病気のサイン』
犬は口が利けないので、体調が悪くても言葉で訴えることが出来ません。
しかし、怪我をしたり病気にかかったりした時は、さまざまなサインを出して知らせるそうです。
''そのサインを毎朝、毎晩家族の誰でもいいのでチェックをして下さいね(我が家ではボブ姉がしてますよ)
少しでも早く気付いて、適切な処置を施してあげることが大切です。
犬が出すサインのチェックポイントをまとめてみました。
できるだけ毎日同じ時間に、同じ方法でチェックする方が、病気や怪我の早期発見には効果があります。

『朝』
何かと忙しい時間帯ですが、朝起きたらすぐに、変わったところがないかチェックします。
嘔吐や下痢はしていないか、オシッコの匂いの変化や鼻水や目ヤニの有無などを注意して見ましょう。

『散歩』
犬のほうから散歩に誘うようなら、体調は良いと判断できます(我が家のボブは元気が無い時には絶対動きません)
散歩に行きたがらない、途中で座り込んでしまう、動きたがらないというときは要注意です。
ただし、室内犬は雨の日に散歩に行きたがらないと、いうことはよくあるみたいですよ。
身体の左右のバランスが悪くなっているときも、体調を崩している可能性があります。
毎回の散歩時に、歩く様子を見ていたら体調が崩れているかどうかは分かるはずです。

『手入れ中』
ブラッシングや耳掃除、歯磨きといったお手入れは、体調の変化をチェックするには最適です。
汚れ方や色、つやなどを、普段からよく観察し、把握しておきましょう。
口臭や、暑くもないのに「ハァ、ハァ」と呼吸が荒い時は異常ですよ!体調が良くないというシグナルですよ!!

『食事』
体調の変化の、一番分かりやすい症状は食欲減退だと思います。
食事の量や食べ方に注意しましょう。
夏の暑さなどで一時的に食欲が落ちているだけかもと思われる時も、少し気をつけて様子を見てあげて下さい。''

色々とダラダラと書きましたが参考にして下さいね!そして愛犬と長い付き合いをしましょうね(^_^)


思い出のページはこちら